映画

鎌倉ものがたりキンさん/家政婦の正体と黄泉の国の住所を知ってる理由

スポンサードリンク

こんばんは!

この前久しぶりに映画館に行ってバター醤油の
ポップコーンを食べたのですが、

手がギトギトのベタベタになりました!

バターたっぷりかけてもらったからね!!

あらかじめおしぼり多めに貰っておいて
正解でした(´-`)

映画館で映画を観ることはめったにないのですが、
気になるファンタジー映画は

劇場で観ようと決めています!!

映像美を楽しむためなのですが、
やっぱり綺麗な映像は大きな画面で
観たいものですよね〜!

今週の金曜ロードショーで
地上波初登場の映画

DESTINY
鎌倉ものがたり

もスクリーンで観てきました。

前半の古風な鎌倉の風景
後半のファンタジーな世界観

最高でした!!

ちょうど一年前くらいに観に行ったので
テレビに出るのは早いなと思いましたが、

お気に入りの映画なので嬉しいです!!!

この映画にはたくさんの妖怪が出てくる

和風ファンタジー映画

と考えていただけると
わかりやすいです。

ほのぼの夫婦のほかに
個性あふれるキャラクターや
妖怪が出てきますが、

今回はその中でも気になる
登場人物の一人、

家政婦:キンさん

について

取り上げていこうと思います٩( ‘ω’ )و

※以下、映画のネタバレを含みますので、
まだ観ていない方はご注意ください〜!!

鎌倉ものがたりキンさん/家政婦ってどんな人??

キンさんとは、

中村玉緒さん演じる

家政婦さんです。

映画公式ホームページより

一色先生と亜紀子の住む

古風な一軒家で
家政婦さんをしていて、

なんかこう古き良き家政婦さん

って感じの方です。

最初はそれくらいの印象しか
なかったのですが・・・

キンさんはなぜ黄泉の国を知ってるの??

物語の途中で亜紀子の魂が
黄泉の国(あの世みたいなところ)に連れてかれてしまうため、

現代に取り戻すために、
一色先生が黄泉の国に向かいます。

そんな先生にキンさんが

黄泉の国への住所

を渡します。

このシーンで

なんでそんなもの持ってるの

って思いました。

たまこ

え??キンさんってただの家政婦さんじゃないの??

もしかして死んでるんじゃないか

とか

実は妖怪なんじゃないのか

と、疑惑が出てきたシーンです。

スポンサードリンク






キンさんの正体は??

キンさんの正体は残念ながら、
映画を観ただけではわからないのです。

というのも、
この映画は原作に漫画があって
その内容の一部を映画化しています。

たまこ

こちらが原作ですね!

Wikipediaの人物紹介にはこう書かれていました。

正和の祖父・信夫に雇われ、一色家に出入りしている家政婦。家事万能。正和が子供の頃から知り合っている家族同然の人物。かつては住み込みで働いていた。夫を日清戦争で亡くした過去を持つ。年齢は142歳。(但し本人は82歳と言い張っている[注 2]。)心身ともに健康で体力も亜紀子などよりは上。幽霊の姿が見え、顔なじみの妖怪が多い。一度、死にかけたことがあるが亜紀子に助けられた。

実年齢はなんと142歳!!

これだけで十分普通の人間では
ない気がしますが、
この情報で見る限りは

普通(?)の人間のようです。

どうして黄泉の国の住所を知っているのか

についてはおそらく

幽霊の姿が見え、顔なじみの妖怪が多い

という設定が関係している気がします。

まとめ

・キンさんの正体は142歳の普通(?)のおばあちゃん。

・顔なじみの妖怪が多いから黄泉の国の住所を知っていたのかもしれない。

と、いう訳で今回はキンさんについて
取り上げてみました!!

原作あるものを映画にまとめてしまうと
どうしても設定がこぼれてしまうことが
ありますよね。

キンさんはミステリアスな人物なので、
今回調べてスッキリしました〜★

それでは〜!!

スポンサードリンク