コミケ有料化やリストバンドのメリットは?入場がスムーズになる?

スポンサードリンク


こんばんは!

年に2回のビッグイベント
コミックマーケット(以下コミケ)

が来年の8月と12月の
入場料の有料化の検討を
はかっているようです。

今までずっと
入場無料だったんですね。

大きいイベントなので有料なのかと
思っていました(´-`)

まだ検討段階ですが、
現在わかっている情報と
メリットについてまとめてみました。

コミケ有料化について

まだ検討段階ですが
このように発表されています。

理由は

東京五輪によるビッグサイト
利用制限で経費増えたため

だそうです。

いつものビッグサイトで
利用できる面積が減るため、
以下のような変更点もあります。

・東京ビッグサイトに加え約1.5キロ離れた
青海展示棟を企業ブースとして利用。

・多くのサークルが出展できるよう、
コミケ史上初めて4日間で開催する。

4日間開催ってすごい(゚ω゚)
まさにお祭りですね!

サークル通行証をリストバンド化し、
カタログを購入しない一般参加者には
リストバンドを購入してもらうことで、
参加者の識別を行うとしている。

通行証としてリストバンド
をつけるみたいです。

これを聞いて、
夏フェスみたい!笑
と思ったのも私だけでは
ないはず・・・

 

スポンサードリンク

コミケ有料化やリストバンドのメリットは?

もともと好きな作品を買うための
イベントなので、

入場料なしでもかなりお金
かかっちゃいますよね(・ω・`)

有料化のメリットはないのか、
みてみました!

ざっと見てみると

・変な人(冷やかし・マナーの悪い人)が減る

・徹夜組が減る

・軽い気持ちではなく、本気で楽しむ
人だけになる
⇨スムーズになる!

こんな感じかなって思いました。

実際に行ったことは
ないんですけど、

無料だったらたしかに
冷やかしは来そうですよね。

でも学生の参加者の方も
多くいらっしゃると思うので、

学割とかの配慮がされると
良いだろうなって思います。

リストバンドが導入されることによって
今までと違った入場受付になりますね。

こんな感じで、リストバンドの機能を
活かしてくれると、
スムーズな流れになりますね(*´-`)

まだ決定ではないですが、
今後どうなるのか気になるところです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です