河野玄斗(東大)母の教育法や育て方!国語や計算とやる気の出し方も!

スポンサードリンク


こんばんは!

社会に出てから
数年経ちますが

もっと学生のとき
勉強していれば・・・!

ということがよくあります!

大人になってからは
勉強する時間って

なかなか取れないし

お金もかかりますよね。

何しろ

子供の頃の方が
頭が柔軟だった気がします。

本日の

さんまの方程式では

東大生の特集で

東大生の母に聞く
天才の育て方

について

語られていました!

ゲストには

東大生の他に
そのお母様も!

現在子育てをされている
方にとっては

気になる内容ですね!

というわけで

今回は

東大生・河野玄斗さんの

お母様、克美様による

教育方法をまとめてみました!

河野玄斗さんとは?

河野玄斗

河野玄斗
(こうの げんと)

現在東京大学
医学部4年生。

医学部ながらも

司法試験に一発合格!

文系も理系もどんとこい!

ですね!

そんな彼はトマトで
脳を活性化させるらしく

1リットルのトマトジュース
を持ち歩いている
そう。

トマトジュースって美容
だけじゃなくて

脳みそにもいいらしいです。

明日から

トマトジュースの売り上げは
上がりそうです( ˙-˙ )

母・克美様の教育方法!

それではスーパーお母様
克美様による

教育法を紹介します!

国語

玄斗さんは1歳の
時点で

ひらがな・カタカナを
理解できたみたいです・・・

スーパー幼児ですね(゚ω゚)

当時はまだ喋れなかったので

「あいうえおボード」

を使って意思表示
をしていたとか・・・

アイウエオ

で、国語の教育法ですが

生後6ヶ月の息子に
電化製品の取り扱い説明書
を朝から晩まで読んであげていた

目から鱗です。

図鑑とかじゃないんですね。

絵本の読み聞かせは
もともと好きだったみたいで

読むものがなくなったから
取り扱い説明書を

読み聞かせるように
なった
とのこと。

取り扱い説明書って
難しいから読まないで

使うことが多いんですけど

それを子供に読み聞かせる
なんて・・・

それは理解力が
上がるのも納得できますね!

 

スポンサードリンク

計算

医学部なので理数系
抜群の彼!

1歳で足し算を
理解したそうです!

そんな計算の教育方法は

車のナンバー
足し算を教えた

とのこと。

小さい頃の彼は

車のナンバープレートに
興味を持ったみたいで

指が真っ黒になるまで
なぞってたみたいです。

小さい頃から
知識欲がすごかったんだな

って思います(*´-`)

やる気の出し方

勉強で一番大事なのは
やる気の出し方!

わたしはこれが
一番できなくて苦労しました!笑

そんな彼の独自法は

2歳の頃から20年間マンツーマンで
息子に問題を出す係

今では医学部や司法試験の
問題も出している

です。

たまこ
これができるお母様って相当頭が良いのでは・・・?

さんまさんもこれには思わず感心。

ずーっとこの方法を
続けていたみたいですね。

問題を一緒に解いたり
意見を出し合っていた

みたいです。

なんて良いお母様・・・

まとめ

天才を育てるのって
すごくお金がかかるものかと

思っていたんですけど

お母様はけっこう
身近なものを使って

教えていましたね!

玄斗さんの小さい頃からの
理解力にも驚きましたが

お母様の発想力というか
柔軟さにも驚きました。

子育て中の
姉にもこっそり教えて
あげようと思います!

さいごまで読んでいただき
ありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です