佐藤タカヒロの死因は何?連載中の漫画の今後はどうなる?

スポンサードリンク


こんばんは

秋田書店で

「鮫島、最後の十五日」
を連載中の漫画家

佐藤タカヒロ先生がお亡くなり
になりました。

詳細を確認しようと
秋田書店のホームページに
アクセスして観ましたが、
なかなか繋がりません。

やっぱり皆さん気になってますもんね。

考えられる死因や
漫画の今後について
調査してみました。

死因は何?

佐藤先生は2018日7月3日、
41歳の若さで亡くなられた

ようです。

死因は発表されていない
みたいですね。

ちなみに6月28日には
いつも通りツイートされています。

こちらが最後のツイートに
なっていますね・・・。

いつも通りのツイートなので、
急死なのではないかと思ってしまいます。

病気か、過労による急死なのでしょうか。

 

スポンサードリンク

連載中の漫画は今後どうなる?

連載中になくなった漫画家は
過去にも多いようで、

残念ながら未完のまま終了
した作品もたくさんあります。

有名どころですと、

「クレヨンしんちゃん」の作者

臼井先生が亡くなられましたが、
現在はアシスタントさん達によって
連載は続けられています。

ただこういった例は稀で、
ほとんどの場合は未完で
終わることが多い
みたいですね。

ちなみに連載中の作品は
読んだことないのですが、

漫画の進行度としてわかりやすい
例を発見しました。

ジャンプに例えると、
ONE PIECEで

ルフィとシャンクスが戦って、
ルフィがシャンクスに勝ちそう!

ってなった週に
尾田栄一郎が亡くなるようなもん

ワンピースで例えられると
わかりやすいですね。

「ルフィがシャンクスと戦って勝ちそう」

ってかなり終盤の山場じゃないですか・・・
(ワンピースでルフィがシャンクスと
戦うのは確定していませんが)

こんなところで終わってしまったら、
続きがどうしても気になってしまいますよね。

ちなみにホームページによると、

週間少年チャンピオン
33号分にて最終回

とのこと。

これは本当の最終回なのか、
打ち切りとしての最終回なのかが
気になるところです。

詳しくは 週間少年チャンピオン、
公式ホームページにて告知
されるようです。

佐藤先生、
お悔み申し上げます。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です