シラカバ花粉2018(札幌)の時期やピークはいつまで?症状や対策も調査

スポンサードリンク


こんにちは

 

今年もやってきました

シラカバ花粉の季節!(;o;)

 

最近ずっと鼻がムズムズしてて辛いです。

周りのマスク人口も増えてきました・・・

早く終わってほしいですよね!

 

というわけで、今年の時期やピークはいつまでなのか

調べてみました!

 

シラカバ花粉との症状は?

カバノキ科のシラカバから
飛散する花粉が「シラカバ花粉」です。

日本では主に北海道や東北で
観測されています。

よくみられる症状は、

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、
目のかゆみ
などで、

喘息のような咳やたんが
出ることもあります。

また、シラカバ花粉症患者で

特に留意しなければならないのは、

「口腔アレルギー症候群(OAS)」

を併発する率が非常に高いという点です。

ちなみに、口腔アレルギー症候群は

口の中で刺激感やかゆみ、
喉の奥が詰まるような感じがする症状

です。

わたしも昔この症状が酷かったのですが

病院で薬を飲んだら
良くなりました。

花粉症と風邪は似た症状が出るので

正直どちらか、わからなくなりますよね。

マスク付けてても

「風邪?花粉症?」

と聞かれます(´・ω・`)

 

 

2018年の花粉状況

シラカバ花粉は、

花粉飛散量の多い年と
少ない年が交互に現れる

大まかな傾向があります。

2018年の花粉飛散数は、
例年と比較して同程度から

全道的にやや多めと予想されます。

北海道内でも多少のばらつきはあり、

その中でも札幌は量が多いみたいです。

 

スポンサードリンク

時期やピークはいつまで?

シラカバ花粉の飛散開始は4月下旬。

ピークは5月いっぱいで、6月上旬には収束します。

あと数週間の辛抱です!!

対策もチェック!

①マスクで花粉をシャットアウトする

一番基本的な対策ですね!

でも一番大事なことだと思います。

花粉の量が多いときや
通勤のときにつけるだけでも

だいぶ違うと思います。

種類は色々ありますが

顔にぴったりのサイズを
選びましょう!

横から花粉が入ってきますので!!

マスク用スプレーもあるみたいですね!

②病院に行く

これも基本的なことですが、
病院で適切な薬をもらった方がいいと
思います。

よく「花粉症は何科なのか?」

と話題になりますが

耳鼻咽喉科、内科、アレルギー科の順に
推奨されているようです。

どの症状が辛いかによって
どこにかかるのかも変わりますね。

この時期は花粉症で、
耳鼻科が混んでいるから内科に行った

という人もいるので
必ずここの科!

とは決められていないみたいです。

③そのほかの対策

目をいたわる、目薬をする。

空気清浄機を部屋に置く!

などの対策もあります!

あとはメガネをかけるのも、
かけてない時より少しはブロック

できるようです。

ちょっとした対策をするだけでも、
症状が軽くなると思います。

おわりに

北海道もだいぶ暖かくなってきて、

外に出かける機会が増えてきました!

せっかくの外出を楽しむために、

花粉対策はしっかりしましょう!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です